2005年03月31日

東京の桜は開花したそうです!!

今日の夜のトップニュースは東京の桜の開花宣言。

さすが東京だけあって、扱いが大きい。映像は気象台の桜の担当者の観察風景を追っている。

午前中は、2〜3輪の開花で、開花宣言見送り。
(マスコミの関係者は現場に午前・午後張り付きですね。ご苦労さん)

でも、開花宣言が出される基準の「標準木が5〜6輪咲いたら開花宣言」と言う知識がが知れ渡っているせいか一般の人たちの事前の観察も終わっているようで、遠巻きに観察者の様子をみているが、納得の様子。

午後は、再度気象台の担当者が観察。7輪ほど咲いていたようで、目出度く開花宣言。
気象台に携帯電話で報告をしていた。

余りの関心の高さに担当者も戸惑い気味。でも全国に流れたから、担当者は全国区入り。

東京での開花のため、新宿御苑、皇居周囲などの風景。又桜尽くしのホテル?の特別メニューまで紹介している。桜の香り、桜の形、桜の色等ををアレンジしたもの・・・・・・いろいろ工夫してあるなー。

さて、花見に期待する人たちはこれからの天気が気になるところ。
開花の遅いときは、開花して満開・散るまでの期間が短いことが知られているから、短期決戦の様子。

桜のちなむものちょと本をめくって見るとあることあることたーーーーくさん。
用語、関連商品、料理、清酒銘柄、地名、駅名などなどなどなどなど・・・

せっかくだから、いくつか記録しておこう。(書きながら少しは覚えるだろう。ちょっと甘いか?)

●桜は日本を代表する祝いの花(喜び、祝いに使われる)
合格電報、桜湯(花びらの塩漬け)・・
●桜のイメージ(アンケート結果。ちょっと古いがあまり変わらないだろう)
春、入学、日本の花、日本、花見、はかない、華やか、やさしい、春爛漫、美しい、ピンク、花吹雪、清楚、清い、きれい、散る、卒業、あたたかい、夜桜、遠山の金さん・・・
●食品や食に関する用語
(季節)桜いか、桜うお、桜うぐい、桜鯛・・・
(利用)桜漬け、桜湯、くず桜、桜餅、桜蒸し、桜膳、桜茶、桜飯・・・・
(色・形)桜煮、桜煎り、桜えび、桜肉、桜干し、桜のり、桜鱒、桜味噌、桜酒、桜菓子、桜鯛・・
●桜を使った食品(桜、チェリー、さくらんぼなどが名前のどこかにほとんど入っているようだ)
餅、茶、あんぱん、饅頭、ゼリー、アイス、ようかん、くず、煎茶、ういろう、ジャム、パン・・・
●珍しい桜料理(桜の花や葉を巧みに料理にとりいれたもの)
桜飯、桜蒸し、桜寿司、桜おこわ、桜葉そば・・・・・・

まだまだ、「あるは、あるは、たくさん」これぐらいにしとこ。
食べ物は一度食味してみたいものです。(でもちょっと太りそうで・・・怖い?)

先日コメントを頂いた中に「桜は日本人の心」というのがありましたが、その通りのようです。










posted by td-eco at 23:40| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月30日

桜はまだかいな?

福岡は昨日3月29日(予定3月28日)桜の開花宣言!1日の遅れです。

しかし、我が家の専用庭的公園の桜はまだ蕾み。
福岡都心部より若干寒いと言う訳かな。(いやまだ緑が多いせいですよ。環境いいから)
今日までの、蕾みの様子を記録しておきます。
この状態で天候にもよりますが、あと2日位かな?

3月26日(左) 3月28日(右)
定点3.26定点3.28

3月30日
定点3.30


この後の写真はまたアップしてみたいと思います。

今日は、サッカー、バーレーン戦。是非とも、勝利して欲しいと思ってます。

頑張れ!ジーコジャパン!!
posted by td-eco at 14:25| 福岡 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

桜切る馬鹿??

「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」の諺があります。
古くからある諺のようでよく耳にしますが、どうゆう意味なんでしょう?
いくつか説があるようですので、今日の日記としてまとめておきます。

@病気説(現在、一般に科学的根拠として容認されている説)
「桜は切ると病気が入るが、梅は病気が入らない」
(理由)
桜の枝を切ると、切り口の中央部から放射状にひび割れして、そこから腐れが入りやすく、ひどいときには木そのものが枯れることにになります。
しかしです。桜も切る時期や枝の太さ、切る位置によっては切った後に消毒をしないでも病気に侵されないことが知られています。(植木屋さんが知らないことが少なくないのですが・・・)

さらに、現在「テングス病」(箒状に枝がたくさん出て花はつかない)などに侵されることが多く(この場合はどうしても病気にかかった枝は切る必要があります。全体に広がり衰退枯死するため)、また街路樹や庭に植えてある場合、電線や通行の邪魔、日当たり不良などのクレームのため切られるはめになることがあります。
桜を良く知った人が切らないと、悲惨な桜の形状となり花見も出来ない状態になってしまいます。残念!!!(こういう状態になった桜、結構たくさん見かけます。)

梅は剪定に強く、腐ることが少ない。じゃがしかし、切る時期や枝の太さ、切る位置によっては腐る。むやみやたらに切ってはいけないが、切ったほうがいい。(矛盾だと思わないこと)

A開花習性説
「桜は切ると花はほとんど咲かないが、梅は切ると花がたくさん咲く」
(理由)
桜は切ると翌年そこから伸びた枝には殆ど花は咲かないのでお花見は出来ません。
桜の開花習性は、新梢は5月から7月に伸びますが、この枝の部分には殆ど花芽は付かないので、翌年は花が見れない。(花見が出来ない。花見の出来ない桜はいらない?)

梅は切るとそこからたくさんの枝がでて、その伸びた枝の殆どに花が咲きます。
梅の開花習性は、1〜3月の寒い時期に開花した後、新枝を伸ばしてそこに花芽をつけるので、翌年花をたくさん咲かせます。(実もたくさん実るのでバン万歳!!!)

B剪定要不要説
「桜は剪定の必要はない、梅は剪定の必要がある」
(理由)
桜は自然に放っておいても、樹冠内が過密にならないように適当に出るため、剪定しなくても自然樹形としてまとまるから、わざわざ手入れの必要はありません。
(一般の人たちには、桜はお花見が出来れば良い訳で、広い空間にのびのびと育ってくれれば、何にも手入れの必要のない木なんです。)

梅は放っておくと樹幹内に徒長した枝が密生してきますので、樹幹内の日当たりや風通しが悪くなり、花は枝の先だけしか咲かなくなりますので、どうしても剪定の必要が出てきます。

(まとめ)
桜は手入れの必要なし。(ただし、切るときには桜の性質を知って適切に行なう必要があります)
梅は手入れの必要がある。
@〜Bの理由を良く理解しておく必要がありそうです。

おしまい。
posted by td-eco at 13:06| 福岡 ☀| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月28日

「ソメイヨシノ」って何?

「ソメイヨシノ」と言えば「さくら」の代名詞のようになっています。

そもそも「ソメイヨシノ」って何なんでしょう。

ソメイヨシノさんに独断と偏見でインタビュー(???しゃべるわけないじゃん)してみました。

●お名前は?
ソメイヨシノ(染井吉野)と申します。
Prunus × yedoensis cv Yedoensis (プルヌス エドエンシス)と言う学名で呼ばれています。
最初は「吉野桜」と植木屋さんから名前を付けていただきましたが、明治中頃、学者の先生にソメイヨシノ(染井吉野)と付けていただき名を改めました。

●お生まれとご両親は?
江戸時代末期に、江戸染井村(現在の東京都豊島区)で生まれ、まだ百数十年です。
両親は「エドヒガン」×「オオシマザクラ」です。
(説がいろいろありますが、何分戸籍がないもんで、有力な説を採ります)

●日本中いや、世界中で活躍されていますね。
世に出たときに、植木屋さんが「吉野桜」と名前を付けてくれたもんで、これが広まるきっかけを作ってくれました。当時、「吉野の桜」は高嶺の花で、江戸の人々はこれが有名な吉野桜かと勘違い?(いやネーミングが良かったんですよ。今でも吉野桜っておっしゃるお年よりいらっしゃいますから)、又私(ソメイヨシノ)は艶やかで豪華に見えたこと、又江戸の土地と気候に合ってたもんですから、こぞって植えていただき、それまでのヤマザクラを凌いでしまいました。人気No1に伸上ったんです。
おかげで広く植えられるようになりました。江戸(東京)でこれをご覧になった地方の有力者の方々が、挙って地元(地方)に植え、名所づくりに一役買うことになりました。又日露戦争の戦勝記念を初めとして各種記念樹として植えて頂いたり、公園・街路にまとめて植えて頂き、庶民に親しまれるようになりました。
又、親善大使としてアメリカにも渡り、ポトマック河畔は、今は名所になっています。

●クローンという事ですが?
花をつけても実がならない、なっても発芽しないもんですから(自家不和合、不稔)、人工的に接木で増えています。元々一本の木から出来たクローン(遺伝子的に同じ)なんです。ですから個性がない。言い換えれば同じものが揃うわけで、花の咲く時期もほぼ一緒なんで綺麗に華やかに見えるんです。蕾みの中に3〜5個の花を持ってますし、花が先に咲きますので、木全体が花となり、見事だと誉められています。又、花の期間は短いのですが、その散り際の見事さから、潔さがかわれています。

●花が豪華なんですが、花の咲くまでの過程を教えてください。
今年の春、花が咲くとしますと、昨年の夏に花芽をこさえます。いったん、このまま成長せずに休眠に入り、葉で十分な養分を蓄え、寒くなって、身を乾燥や寒さから守るために葉をいったん落とし、余計な負担をかけないようにして、本格的休眠に入ります。ある期間一定の低温にさらされると眠りから覚め(休眠打破)正月明けた頃からですが、花を咲かせる準備を始めます。昨年貯めておいた養分を使って、寒さ暖かさを感じながら(温度の変化)少しずつ大きく大きく成長していきます。体内に組み込まれている温度量(温度の積算)に達すると花を開きます。温度に非常に敏感です。特に咲く前の期間は私にとって重要なんです。

●植物季節の研究の対象とされてますね。
日本中に広く植えられていて、クローンで同じ形質を持つこと、農作業や観光に関係が深いため、多くの方々に研究の対象とされています。
開花の時期についても各地の開花の予想をしていただき、「開花予想・桜前線」として発表が毎年されています。最後は予想気温を使いますから、気温によってご期待に添えない場合が出てきます。
ヒートアイランドや地球温暖化で、生活出来ない場所が出てくるかもしれません。
特に南のほうで南限にあたる部分なんかは、眠りから覚めきれずそそまま・・・・・・。ってこともあるかもしれません。他にも同じような目に遭う動植物がいるはずです。

●最後に寿命についてなんですが・・・・・
ドキッとしますね。いつまで生きられるかなんでしょう?
以前は80年説があり、今60年説がささやかれています。まだ生まれて百数十年ですし、弘前公園には120年以上の古木(?)があります。次第に古木になり、環境圧に耐え切れなくなっている木が多く存在するといわれています。心配され、保護の手を差し伸べていただいている所もあります。私、変なところで切られると、中が腐り(腐朽)やすいんで、適切な個所で剪定していただき、処置もしていただけると助かります。又根は浅く、硬く締まると呼吸が出来なくなってしまいますし、枯れたあとに同じ所に植えてもらっても育ちません(忌地)のでよろしくお願い申し上げます。出来るだけ長生きして、皆さんに楽しんでいただきたいと思っています。

今日はここまで。お疲れ様。
posted by td-eco at 14:01| 福岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

そろそろ桜開花か?

福岡地方の桜の開花予想は28日(月)の明日。
今日は、1日中雨模様。少しおくれるんじゃないかな?

「開花予想はどうやって出している?」

昨年気象台に聞いたメモが出てきた。

福岡の場合
「休眠打破後、2月12日を起算日として、
温度変換日数を積算、
チルユニットを用いて補正し、
23日分に達した頃、
開花すると予想しています。
気象庁で一元的に計算するシステムになってなってます。」
という。

注1)休眠打破後の起算日とは
その日から計算を始めると、もっとも開花予想の正解率が高いと思われる日を、過去の開花日や今年の気温のデータを参考にしながら、計算で割り出した休眠打破の日。
地方によって変わる。

注2)温度変換日数とは
標準温度(1日の平均気温が15℃)のときに花芽が1日に成長する量を1日分の規準として考える指標で20日分(福岡ではチルユニットを用いて3日補正し23日分)に相当する気温で開花するとする日数
(開花促進の目安は5℃=0.3日、15℃=1日、25℃=3.3日) 

注3)チルユニットとは
休眠打破や開花を進めるか、遅らせるかの低温効果の補正値。(目安 1.4℃以下=0、1.5〜2.4℃=0.5 2.5〜9.1℃=1.0 9.2〜12.4℃=0.5 12.5〜15.9℃=0 16.0〜18.0℃=-0.5 18.1以上=-1.0)
気温が高いとマイナスになる。ボーット目覚める。5℃位が辺りが休眠打破が一番進む。

「さくらの予想開花日は、
過去の開花日と気温データから予想式を作成し、
これに、昨年秋からの気温経過と気温予報を当てはめて求めています。
なお、気温予報には週間予報、3月発表の1ヶ月予報、2月の3ヶ月予報を用いています。」

開花予想発表までの気温のデータは正確に入力できるが、発表から開花日までの気温はあくまでも予想気温である。「開花直前の温度に大きく影響されるという。」から誤差も出てくる。

今年はどうだろう?観察しよう。























posted by td-eco at 23:55| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

花見のマナー?

タイトルにつられて、花見に作法があるのかな?
と思いながら、とある桜に関する記事を読んでますと、
管理されている方々からの花見客へのメッセージでした。
ちょっとした気配りで気持ちよく花見が出来、税金の無駄使いが防げます。

ちょっと内容を紹介してみましょう。

@サクラの木に登るのはやめましょう。
A木の枝を揺するのはやめましょう。
B花を手折るのはやめましょう。
Cゴミ放置、投げ捨てはやめましょう。
Dいたるところに尿をするのをやめましょう。
E不快な匂い、騒音はやめましょう。
F根元を踏み荒らすのはやめましょう。
その他、いろいろ在るのでしょうが・・・・・

常識的なことばかりですね。
しかし、こんなのを大きな看板にして掲示するのは興ざめです。
何か、方法はないものでしょうか?

上記には、管理者の苦労が読み取れます。
飲めや歌えの大騒ぎが時として起こってしまったり、桜の傷み、周囲の住民からのクレーム、饗宴の後の掃除などに、毎年頭を痛めているためなのでしょう。

とにかく、サクラの花に惹かれていくのは皆同じようですから、楽しく、花を愛でたいものです。サクラの開花が迫ってきました。今年の開花予想は当たるかな?

※Fだけは、注釈が必要のようです。
踏み荒さなくても、人が根元を踏むと、踏圧(踏む力)で土が締まり(硬くなって)、根が窒息状態(空気の流通が悪くなり、酸欠になります。根も呼吸しているのです)になっていくということです。知らず知らずに起こって行きます。
サクラが弱る大きな原因の一つとして指摘されています。サクラに限らず他の樹木でも同じです。木が弱ってきたら、根元の土の状態を疑って見ることが必要です。
posted by td-eco at 14:15| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月25日

身近にある「さくら」(U)

一週間ほど前、「さくら咲いてるよ。」って情報が入ってたんだけど、見にいけなくて今日になってしまった。
 遠目には、まだきれいに咲いてるなと思って行ってみたら、なんと散り始め。

アッ、今余震。さっきも揺れたけど(震度1)、今度のほうが揺れが大きい(震度2)。
まだ、余震が続いている。

桜の話に戻るけど、昨年は満開のときに見れたけど残念。

桜は何????河津桜????近いように見えるが・・・・・・・・・・

とにかく、写真を記録として残しておこう。
那珂川桜全体

那珂川桜花

 カワズザクラ(河津桜)について 桜の本を調べてみよう。
原木は、野生状態で発見され、静岡県河津町(伊豆半島の下田付近)に移植され、河津桜と呼ばれるようになったとある。
今は河津町にとっては大変な観光の目玉。季節になると町を上げてのイベント(祭り)
となっている。テレビで今年もニュースになっていた。

自然交雑種で片親はカンヒザクラであることは確実とされてはいるが、もう一方の親が良くわかっていない。オオシマザクラではないかという説があると結んである。よくある話。突き止めたい気持ちもあるが、ミステリーでロマンとして残しておく方法が夢があっていい。そのうち桜の専門家が突き止めてくれるだろう。ゆっくりお願いします。

この桜がなぜこの地にあるのか?土地の所有者が植えたものと思われるが、風流な人だ。毎年、見物人が多くなってきているそうだから、そのうち名所になるかもしれない。山の裾野にまとめて数十本まとめて植えてあり、暗めの樹木をバックに明るい桜色が映え、結構見栄えがする。

ただ、下草に竹がはえ、次第に大きくなっているから、手入れが必要な時期になっている。
ちょっともったいない。

※専用庭的公園にある桜の話
今日は晴れていたので、蕾みの写真を撮ってみた。
昨日より、蕾みが膨らんだように見える。今日はあったかい1日だったから。
とにかく、記録写真を撮っておいた。

定点蕾3.25

今日は以上。

そろそろ、サッカーの生中継が始まる。
これから、テレビにくぎ付けだ。
最後まで目が離せない試合になりそうだ。

頑張れ!日本! 絶対勝つぞ!イランを粉砕だ!



















posted by td-eco at 22:26| 福岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

身近にある「さくら」(T)

そろそろ「さくら」の季節になってきました。
身近にあるサクラを記録していきたいと思います。

第1回目は「さくらんぼ」=一般的商品の通称です。セイヨウミザクラとも言います。
専門分野ではオウトウ(桜桃)と言うようです。

品種は日本には約20種あるそうで、買う時に確認しておく必要がありそうです。
有名なところでは「佐藤錦」「ナポレオン」などです。
アメリカンチェリーは???どこで生産しているんでしょう?

実家に早くも咲いていました。(撮影3月19日)品種不明。
さくらんぼの花
さくらんぼ花
さくらんぼの蕾
さくらんぼ蕾

地植にすると大きくなるので、鉢植えで育てています。
土の上に鉢を置いておくと、鉢底から地面に根が伸びて移動が出来ない事態に陥ります。

実が熟すると待ちかねたように鳥たちがむさぼり食ってしまいます。
そうはさせじ!!と防衛手段に打って出ます。ネットがけです。速めにやっておく必要があります。

実が熟すまでは鳥たちは見てみぬ振りをしているようです。
さくらも実が熟する前に食べられたら、子供を増やせませんから、防衛手段を取っているのです。
このときはまだ緑色ですが、熟し糖度を増して赤〜黒色にディスプレイを施すと、鳥たちへのシグナルとなり、食べるように即します。

鳥は果肉を食料として消化し、中の種は消化されずに遠くまで運ばれ、
糞と共に地上に落とされ、
運がよければ、発芽し親木から離れたところに子供を増やすことが出来ます。
鳥散布型ですね。

今は「鉢植えのさくらんぼ」を売ってますので、蕾の状態のものを買ってベランダとか出窓などに置いて育てると、花から実まで楽しめます。最後はデザートとして食べれますから楽しみ倍増です。

おいしいさくらんぼの見分け方は
1、着色の良いもの
2、果皮に光沢があり、斑点などついていないもの
3、緑色の新しい果柄がしっかりついているもの
です。よく見て買いましょう。

食べるときには
冷やすと、酸味が抑えられて、甘味が引き立ちます。

蕾のころからさくらんぼを食べることを考えてます。楽しみですね。

※下の専用庭的公園のソメイヨシノを観察することにしました。
定点観測で一本の木を実がなる(?)まで観察してみます。

今日は、あいにく強風と雨で嵐状態です。少し肌寒く感じます。
蕾は少し動きはじめています。開花予想が27日なのですが、
ここは少し遅れるかもしれません。
福岡のさくらの開花の標準木は大濠公園の横の気象台にありますから、
ちょっと気象条件が違うようで、毎年少し遅めに咲いています。

今日現在のソメイヨシノの状態
桜定点1

注)開花とは、花が5〜6輪開いた状態をいう
  満開とは、花芽の80%以上が開花した状態をいう
  と決められているようです。
毎日観察してみることにしましょう。

近くには、ヤマザクラ、ヤエザクラ、シダレザクラ、御衣黄、河津桜(?)などが
あったと思いますので、記録に残しておきたいと思います。




posted by td-eco at 21:45| 福岡 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月23日

地震のつめあとU

福岡県西方沖地震のつめあとの記録として残しておきます。
前回と同日に撮影したものです。

アップが多いので見ずらいのですが、サムネール表示(写真をクリックすると大きく表示されます)
で掲載してみました。

中央埠頭 広場が陥没しています。
中央埠頭

記念碑の台座の部分 テラス部分が陥没し40〜50cmの差が出来ています。
モニュメント台座

緑道の階段とベンチ部分 大きい陥没です。
緑道

埠頭と歩道部の境部 亀裂が入り、ポッカリと口をあけています。
埠頭すきま

魚市場の駐車場部 段差がついています。
魚市場駐車場

復旧するには多大な費用と労力がいると思います。
博多港は福岡の海の玄関です。物流の拠点でもあります。
速い復旧が望まれます。
















posted by td-eco at 19:19| 福岡 ☀| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自然の脅威は時々感じたほうがいい??

以前、台風災害復旧後に、とある役所の人と話をしてましたら、「台風とか地震とか大きいのは困るけど、時々あった方がいいかもしれん。」という風になっていったのを思い出しました。復旧後のほっとした時のことだったと思います。災害はないに越したことはないけど・・・という前置きから始まって。

「危機感がなく、実感が湧かないので、対処できるかな。?マニュアルは作ってあるが、機能するかなあ?」って。文書上は非の打ち所のないものになっているが・・・・・・・・

 その時、「福岡って地震起きる可能性あるの?」て話しで、「警固断層があるから、起きないってことは言えない。福岡高速も神戸の地震の教訓を受けて、あれがおきたら大変だから、補強工事をやってるよ。」っていってました。

市民に実感が湧かないから理解を得るのが難しいらしい。
税金の無駄使いがあちこち出てきて、信頼が薄れているのも原因の一つなのであろう。

 昔に比べて、生活は格段に良くなっているけど、それを安全に維持するのにかなりお金がかかるてことかな?

災害は復旧せねば。
被災者の方々への自分に出来る援助や応援メッセージを送りましょう。

「頑張ろう!福岡」だよね。誰にとっても、生活大事だから。

さあ、今日も頑張るぞ!!
posted by td-eco at 09:35| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

コメントお待ちしてます。

ブログ始めて一週間が過ぎました。

日記が三日坊主で終わらなくて続いてます。

公開はしていますが見てくれる人はほとんどいないだろうと思い、思いつくままに書いて来ましたが、思っていた以上に訪問してくれている人が少なくないのには驚きです。
何で????と思いつつ、検索サイトで検索すると出てくるではないですか。びっくりです。
福岡県西方沖地震の関係もあったのだろうと思います。
でも、気楽な感じで続けて行きたいと思います。

コメントいただいた、秋田の”しゅうきち”さんのブログによってみると下記の内容が記載されていましたので引用させていただきます。

「この連休は、福岡沖地震の状況を少しでも把握しようと、福岡を中心とするブロガーの方々を検索サイトで見つけ、微力ながら陣中見舞いを兼て、ささやかなコメントを入れさせて頂きました。
その際に活躍したのがRSSリーダーのソフト。cococを始めて使用したのですが、フォルダを作成してRSSのアイコンをドラッグ&ドロップで登録するだけなので、PC初心者でも簡単に登録出来ました。更新時間を設定する事で、逐一エントリーした情報が入手できるので、既存のメディアよりも細かい情報を知る事が出来て、ブログの効果を改めて実感しました。」

とあります。

この日記には、コメント歓迎ですのでどしどし書き込みお願いします。





posted by td-eco at 18:20| 福岡 ☔| Comment(4) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の天気は荒れ模様

天気予報通り、朝から風と雨で荒れ模様になっている。

地震で被害が大きかったところでは、つらい日だ。
玄界島には、家屋調査や雨よけのブルーシートが屋根に張られ、応急処置が進んでいる様子が伝えられている。80%の家屋が危険や要注意と診断されているようで、島に帰れず、福岡での避難所生活が長引きそうだ。県では「仮設住居の用意をしたい。島内に建設することも可能ではないか」といっている。

今日の西日本新聞では、福岡県西方沖地震では「博多湾岸に被害集中」と大見出しをつけている。
引用すると
「博多湾にある埠頭8ケ所の内、6ケ所で岸壁の沈下被害があり、須崎埠頭(ベイサイド辺り)や中央埠頭(マリンメッセ辺り)は一部で接岸・荷役が出来ないほど被害は甚大で、物流への影響が懸念される」という。昨日の写真はその中のほんの一部だったと言うことのようだ。

「東区の人工島や志賀島、西区の西浦地区など、博多湾を囲む沿岸部で大きい被害が出ている」といっている。どこも、釣りなどで何回も行っているので現地の風景が目に浮かぶ。志賀島ではがけ崩れで通行止めになっているようだ。海の中道で繋がっているが、早急な復旧が望まれる。孤島になってしまうと復旧が遅れてしまう。

福岡市内の様子は外観上は被害は一見少ないように見えるが、大名では倒壊の恐れのあるビルがあるそうで付近は立入禁止になっているようだ。

こんな中、掲示板に知り合いが生々しい内容を書き込みしていたので、一部引用すると
「妹がビル管理会社で働いているんですが担当地区の確認に市内を廻った結果、大名、平尾が酷いと聞きました。平尾にいる友達とはまだ、連絡は取れていません。今日は大名の知人の宅に後片付けに行ってきました。ビル崩壊の危険があるという同じ通りです。
外観は大丈夫でしたが、部屋に入ってビックリ!お料理教室のお宅ですので食器が多く90%は破損。食器棚、冷蔵庫が倒れ、給湯器は壊れ水漏れ、天井・床が水漏れ、シャンデリアは壊れ、電話は不通、土足での作業でした。生活できるようになるには、しばらくかかるでしょう。明日は食器洗いに行ってきます。近所の道はひび割れ、ビル壁は少し落ち、入り口に段差が出来ていました。下ばかり見て歩いていると、危ないかもしれません。
目に見えて酷い所ばかりではなく、天神近辺のビル1棟づつ見てもらいたいですね。」
と現状を訴えている。

見た目以上に、建物の内部は被害が大きいようです。






posted by td-eco at 09:45| 福岡 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月21日

地震のつめあと

朝からマリンメッセやベイサイドプレイスなどの埠頭付近を見てみた。

下の写真はその時に撮影したもの。

道路のうねり  段差がつき、うねっている
道路のうねり

護岸のうねり ベイサイドからマリンメッセにかけて護岸がうねっている
護岸のうねり

遊歩道の陥没 マリンメッセ横の「引き上げ記念碑」に通じる歩道が陥没や亀裂が走っている
歩道陥没

液状化現象 駐車場の様子
液状化


posted by td-eco at 17:37| 福岡 ☁| Comment(7) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月20日

地震発生!!

午前10時50分頃大きな地震があった。

久留米にいた。
お墓参りを終え、マーケットで買い物をしてレジに並んでいるところで起きた。陳列品がガラガラと落ちてきた。
幸いまだお客さんは少なく、パニックにはならなかった。
15秒程度の揺れだったと思う。

すぐ、実家に戻りテレビのニュースをみると、震源地は玄海灘、博多から北へ伸ばした線と下関から西に伸ばした交点付近。玄海島がいちばん近い。

津波警報がすぐ出た。50cm位と予想。
実家の様子は、外見上は被害はみられなかった。
次第に情報が入り始める。震度、福岡で6弱、久留米で5強。九州全域で揺れており、北部九州の揺れが大きい。
福岡などの北部九州でのこれだけ大きい地震はこれまであまり起きないとされていたので、驚く。


12時前に自宅のある福岡に向かう。
久留米市内はほとんど被害が出ているようには見えない。
ラジオでは徐々に被害状況が放送されてくる。
交通機関の運転状況はJR,西鉄、地下鉄等全面ストップ。
高速道路も「閉鎖。」を伝えている。次第に一般道の車の量が多くなってきた。特に西方面から市内に入る道路はのろのろ状況を伝へ、また、ガスに対する注意、ガス漏れの警戒をしきりに呼びかけている。

携帯電話は繋がらない。
災害情報を優先している。安否の確認は携帯では不可能。

約2時間半かかって福岡に到着。
福岡は相当揺れたといっていた。

テレビは災害状況を刻々とつたえている。
天神は福ビルの被害が大きく報道されている。
福ビルは天神交差点の角、紀伊国屋書店などが入っている古いビル(築36年、10階建)。窓ガラスの半分ぐらいが割れ、散乱している。天神には固定のカメラがあるらしく、ガラスの破片は紙くずのように舞いながら落ちていくのが繰り返し映し出している。これによる通行人の怪我は報道ではされないので、不幸中の幸いか。

自衛隊に災害復旧要請を行なった旨の、報道が始まった。
震源地に近い、玄海島への派遣のようだ。玄海島では、全壊20戸と出てきた。ヘリコプターの音も聞こえる。

現在、けが人150人と出ている。増えて欲しくない。

玄海島には一度釣りに行き、民宿に泊まったことがあるが、急傾斜に段々と家が建っており、古い家が多い印象がある。被害が少ないことを祈っている。

この続報は又後ほど。
posted by td-eco at 16:42| 福岡 ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月19日

これから、お出かけ

これから、お出かけ。

詩音ちゃんの節句の準備のため集まるので、せっかくの機会だから食事会になる模様。
もう節句か。はやいなーーーーー。大きくなっているだろうな。

桜の開花もあと十日前後。速いのも遅いのもあるのであったかい陽だまりのところは
咲いているかもしれない。デジカメ持っていかねば。撮り忘れるとまた一年待たないといけない。
桜だけでなく、他の植物も春の訪れを感じて動き出しているだろう。
樹木の生長は前年の養分の蓄積がものを言う。どれだけ成長できるかな?

ソメイヨシノの寿命60年説と言うのがある。以前は80年ほどと言われていたが、今では環境圧(具体的に示しきれないので使いやすい言葉)でだんだん寿命が短くなっている。

これについては
真っ向からこの説に挑む人たちがいる。弘前公園の桜を守っている人たちが代表的。
研究熱心で愛情がある。反面、寿命があるんだから枯れたら植え替えればいいと言う人もいる。

技術の進歩は前者でないと進まない。しかし、今は資金面でどこもピンチ。

じゃあ、どうすりゃいいんだと言う問いかけに「情熱の大きさによって決まる」と端的に言った人がいた。これが守っていこうとする原動力になって人もお金も動くということだ。

そろそろ、お出かけの時間が迫った。

つづく。











posted by td-eco at 08:34| 福岡 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月18日

ちょっとドキッ!!

ちょっと「ドキッ」とした記事を見つけた。

以下「欲望論 鷲田小彌太(札幌大学教授)」より

「自然破壊は、人間の発生と進化の歴史がもたらした、必然的な結果です。いいかえれば、人間は自然を破壊することなしには生きていけない生物なんだ。」
と言う記事。

その中での考え方

その@
「欲望の肥大化が環境問題の根本原因であり、欲望をみたすために人間は資源を浪費し、自然を破壊してきた。

地球上の資源は有限だから、後の世代に資源を引き渡すために、人間のこの欲望をできるだけコントロールしていかねばならないというのがある。

現代の生活水準をある程度制限していくことが必要」とする考え。

そのA
「人間は自然を破壊する一方で、自然を再生する能力、技術を持っている。
「自然との共生」といううるわしい言葉は、豊かさを前提としなければ成立しない。
自然が人工的に再生した国がエコロジーの思想を持つ。

自然を保全し、自然の回復を可能にするのは、唯一技術の開発によってである。

環境問題がなぜ大事かというと、人間が快適に暮らすためだ。
経済的に豊かな日本が中国やソ連、あるいは発展途上国に技術者を派遣したり、資金援助して、環境破壊を食い止めなければ、私たちの快適な生活が保障されなくなっている。

エコロジカルな生活を送るとなると、ものすごくコストがかかる。ある程度経済的に豊かにならないと、環境に良い生活というのはできない。

自然破壊を文明の罪といって告発する時代は終わったのだと思う。

むしろ、経済を発展させ、環境対応技術を進化させることこそ、環境問題を解決する方法だろう。」と言う考え。

どっちの方法をとるのだろうか?中間てあるのだろうか?
議論が必要なところだろう。

自分も快適で豊かな生活を送りたい方(欲がある)なので、環境対応技術を進化させたいところだ。

そのためには、自分は何が出来るか整理してみよう。

引用が長くなった。少し考える時間をとろう。


興味のある人は、本文は下記にあるので覗いてほしい。
おすすめ
環境goo WEB講義(http://eco.goo.ne.jp/business/csr/lesson/




posted by td-eco at 17:11| 福岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月17日

桜の開花はいつ?

今日は朝から雨。時折強く降った。
温度はさほど下がってない。

16日気象庁から「桜の開花予想」第3回が発表になった。
第2回より少し早まりそうなあ予想となっているが、平年より少し遅いそうだ。
昨年はあまりにも早すぎたんだけどね。

福岡 3/28(平年3/26)(昨年3/17)
京都 3/31(平年3/31)(昨年3/24)
東京 3/27(平年3/28)(昨年3/18)
 
ちなみに、
最も速いのは 熊本・高知(3/26) 鹿児島は少し遅くて(3/29)
本州で最も遅いのは 青森(4/25)

福岡・東京が早いのは、ビルやアスファルトの面積が多く、ヒートアイランド現象で暖かいからと言う説明がされている。

鹿児島は、冬暖かく眠起き(休眠打破)が悪く、遅いと言われている。

沖縄などでは、山の山頂付近が先に咲き、次第に里に下りてくるそうだ。何で?
秋から冬にかけて低温に一定期間さらされないと休眠から覚めないそうだから。
山の上から目覚めていくってことか。

では、だんだん気温が上がったらどうなるか?

早く休眠打破できるところは早く咲くし、休眠打破できないところは咲かなくなってしまうってこと。
と言うことは、分布が北へ偏っていくってこと?

すぐにはこういうことは起きないだろうが、次第に変化していくのだろう。
桜に頼って生きている昆虫などは・・・・・・・・

地球温暖化とヒートアイランドは桜ひとつとってみても影響がわかるってことか。

今日はおしまい。






posted by td-eco at 23:47| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

さあ始めようっと

今日はブログの初日

何を書こうなて思いながら、キーボードをたたいている。
一行出来た。

鉛筆からシャープペン、ボールペンさらにハイテクな筆記具となって、今はキーボード。
鉛筆は、木で出来てたっけ。芯は黒鉛。自然素材だった。

パソコンもいいけど、手書きの良さもある。

樹木の観察記録も紙と鉛筆で描くし、こっちもたくさん描いてためこんどこ。
詳細観察はスケッチに限る。下手でも自分で描いておけば思い出す。
メモにスケッチ入れよっと。時間が少ないとつらいけど早く描けるよう訓練だ。
誰に見せるわけではないから気楽に描こう。

デジカメも忘れちゃいけない。記録にはもってこい。
すぐ見れるし、大量に撮っても無料。手放せないツール。
すぐ整理しとかないとすぐ忘れる。後で収拾つかない。

そろそろ、桜が咲き始める。木を決めて定点観察でもしようっと。
どこにしようかな?
花芽が動き出すまえから開花して散り、実がなるまで。
そうだ、ソメイヨシノは実がついているの見ないなあ。
実がついても発芽しなとあったっけ。

日本中のソメイヨシノは遺伝的に同一固体(クローン)だと言ってた。
森林総合研究所で日本中のソメイヨシノを調べたら、元は一本のソメイヨシノからのクローンで間違いないと結論してたっけ。

今じゃ世界中にひろまってる。

桜を見ると「さあ、春」だって感じるから不思議。
こうゆう感覚は遺伝的に日本人に組み込まれているそうだ。

今日はこのへんにしとこ。

徒然に書くことにしよう。

 







posted by td-eco at 17:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。