2005年09月06日

台風14号、福岡市付近を通過。

台風14号、午後6時頃福岡市付近を通過した模様。
今のところ、風も雨も予想していたほどでもなく、ほっとしている。
久留米もたいして風も吹かず、雨もさほど降らなかったようだ。

今度の台風の進路は最悪のコース。
九州の西海上、枕崎、阿久根、串木野、牛深の沖合を進み、天草から14時頃、諫早に上陸。
佐賀市を通過、さらに福岡市を通過して、午後8時現在、北九州市付近の模様。

被害の多くは、鹿児島・宮崎・大分など、九州山地の東側の模様。この付近は大雨になっており、1000mmを超えた所もあると言う。冠水、河川の増水、鉄砲水、土石流、土砂崩れなど。
どうも、台風の規模が大きく外側付近が風も雨も強かったようだ。

地震、台風と自然の猛威が続いている。
あと、集中豪雨が怖い。
東京での杉並他で100mm以上の豪雨被害の報道があっていた後だけに、想定以上の雨には対応できないことが鮮明になっている。福岡の山崎市長もこの点を心配していた。設計の基準値=想定値を変えていかないと、災害が起きるということなのだから。

最後は、安全な場所に避難するしかない。

アメリカのハリケーンの被害状況、その後の治安の悪化がかなり克明に報道され始めた。
これが、世界の大国の現状かと思うと言葉も出ない。
何かが、「 お か し い。 」
posted by td-eco at 20:51| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。