2005年09月17日

小倉城とリバーウオーク北九州

先日、久しぶりに小倉へ行った。
あまり北九州には縁がなく、街もあまり知らない。
用事が終わったら、新装なった到津の森と小倉城周辺を散策してみるつもりでいた。

到津の森から小倉城を経由して、小倉駅までのコース。
金田付近でバスを降り、歩くことにした。
市立埋蔵文化財センターを見学して、九州厚生年金会館を左手に見ながら勝山公園へ。
勝山公園は工事中らしく、フェンスが張りめぐされ、中は土が高く盛ってある。何が出来ているのだろう??
工事用ユニック車も止まっている。これは、先日の台風で傾いた樹木を復旧していた。記念樹のようだ。
公園の外周に沿って進むとそこは磯崎新氏設計の北九州市立中央図書館だ。有名な建物で、以前この建物を目当てに小倉まで来たことを思い出した。

建物の外観を写真におさめ、ふと小倉城の方を見て、仰天した。

小倉城とリバーウオーク北九州が重なって見えてるではないか!!!
なんだか、狐につままれているような感じである。
ううううううーーーーーーん。唸ってしまった。

小倉城とリバーウオーク

リバーウオーク北九州ができたことは知っていたが、どこにあるのかは意識していなかった。
こんなところにあったんだ。

景観としての評価はどうなんだろう?気になるところだ。





posted by td-eco at 04:08| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。